保育士の給料については、公立の保育園で正社員として勤務する場合は地方公務員の規定にしたがって給与が支払われます。

この場合は公務員の各種手当が適用されるので、待遇の面でも安定して仕事が出来ます。

産休や育休の制度も適用出来て長い期間働き続けることが出来ます。

非正規社員の場合は正社員と待遇が異なる場合があります。
私立で勤務する場合は公立で勤務する場合と給与面では大きな違いがありませんが、地域の保育園などによって給料の金額は違ってきます。



そのため公立で勤務する保育士よりも高い給与をもらえているところもあります。

保育士の給料についての情報ならこのサイトです。

私立の場合は運営している規模の大きな施設で勤務している保育士が給与水準が高くなります。

保育士の初任給は一般的なものでおよそ16万円~17万円くらいとなります。

All Aboutの情報が豊富です。

正規職員として勤務する場合は手当がある代わりに年金や保険の分だけ給与から差し引きがあり、2万円~3万円ほど引かれることになり手取りでもらえる金額は13万円~14万円くらいとなります。


初任給については10万円よりも低い金額で設定されているところもあります。

社会保険が適用されていない保育園で勤務することになっても、自分で年金や保険を支払うこととなり、結果的には自分の手元に残る金額に変わりはありません。

保育園によっては年に2回、夏と冬には賞与のあるところがあります。

賞与については一般の企業と同じでどこの保育園でもあるわけではありません。

Copyright (C) 2015 保育士の給料について All Rights Reserved.